画像の説明

 石川県生コンクリート工業組合は、生コンクリートの品質管理の徹底を目的とした「品質管理監査制度」を全国に先駆け昭和59年度からスタートさせ、組合員工場の品質管理の向上に日々努力してまいりました。 特に、平成10年度からは、全国生コンクリート品質管理監査会議共通規程に準拠して、産・官・学の機関の委員で構成する「石川県生コンクリート品質管理監査会議」を設立し、全国統一品質管理監査基準に加え、 石川県の地域性をも織り込んだ独自の監査基準による品質管理監査を実施し、生コンクリートの品質に関するユーザーからの高い評価と信頼を得ております。

画像の説明

  1. 昭和59年度、石川県生コンクリート工業組合独自の品質管理監査制度を発足。
  2. 平成10年度から、全国統一品質管理監査制度と合体。
  3. 国・石川県等の仕様書には、(「全国品質管理監査会議の策定した統一監査基準に基づく監査に合格した工場等」から選定する。)と明記。

[check]監査体制

全国統一品質管理監査制度に準拠した監査体制は、下記に示すとおりである。

監査体制図

平成29年度 品質管理監査
 平成29年度県内の生コンクリート工場(JIS工場)立入り品質管理監査は、監査員及び立会者の御尽力により43工場について終了しました。監査に係られた関係者の皆様方に心から感謝申し上げると共に、今後とも生コンクリートの品質管理に対してご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

[check]監査方針
(1)「JIS A 5308及びJIS Q 1011に規定する項目の遵守徹底。」
(2)「監査の公正性・透明性・中立性を高める為、関係機関の同時立会で実施」
(3)「社会的責任に関する信頼性の向上」の3つの方針で実施した。

[check]監査員
 監査員は、石川県生コンクリート品質管理監査会議規程に基づき、監査会議議長が委嘱した32名(セメントメーカー技術者、生産者側技術者、石川県生コンクリート工業組合職員、その他の技術者)と関係行政機関・各地区建設業協会員立会の下監査を実施した。監査員は、監査委員会(監査統括責任者及び副監査統括責任者)が実施する実施要領説明会を受講した後、事務局が組合せをした正副監査員2名1組で編成し、1日1工場の立入り監査を実施した。

[check]監査結果
 品質管理監査は、平成29年9月4日から10月31日の期間で、県内のJIS認証43工場で実施しました。
 圧縮強度試験は、監査会議が指定したISO/IEC17025を取得した認定共同試験場において公正に実施しました。

画像の説明

石川県生コンクリート品質管理監査会議委員構成表

委員構成役職機関名・役職名
学職経験者議長金沢工業大学 工学部環境土木工学科教授 博士(工学)
学職経験者副議長金沢大学 理工学域環境デザイン学類 准教授 博士(工学)
特別委員国土交通省北陸地方整備局金沢河川国道事務所 副所長
特別委員国土交通省北陸地方整備局金沢港湾・空港整備事務所 副所長
特別委員(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構鉄道建設本部
大阪支社 計画技術部管理課 課長
特別委員中日本高速道路㈱金沢支社環境・技術管理部
環境・技術チーム兼品質検査チームリーダー
特別委員石川県土木部監理課技術管理室 室長
特別委員石川県農林水産部農業政策課技術管理室 室長
特別委員(一社)石川県建設業協会 専務理事
生産者側委員石川県生コンクリート工業組合 副理事長 技術兼品質管理監査委員長
生産者側委員石川県生コンクリート工業組合 副理事長
生産者側委員石川県生コンクリート工業組合 調査研究委員会副委員長
生産者側委員石川県生コンクリート工業組合 品質管理監査副委員長兼監査統括責任者
生産者側委員石川県生コンクリート工業組合 専務理事兼共同試験場場長
事務局石川県生コンクリート工業組合 副監査統括責任者
事務局石川県生コンクリート工業組合 県南共同試験場課長
事務局石川県生コンクリート工業組合 県北共同試験場課長


1.石川県品質管理監査方針
 (1)監査の中立性・公平性・透明性を高める為、関係行政機関の同時立会で実施
 (2)JIS A 5308及びJIS Q 1011に規定する項目の順守徹底
 (3)社会的責任に関する信頼性の向上

2.監査方法
 (1)全国統一品質管理監査に石川県の独自調査項目を盛り込み実施。
 (2)品質管理監査基準に128項目について調査し、評価判定する。

 評価基準を下記に示す画像の説明 

監査時の風景

3.その他
 平成22年度から石川県では、生コンクリートの品質に対する苦情処理要領を策定して、ユーザーからの苦情に対処し、より一層社会的責任に関する信頼性の向上に努めていきます。

  • 平成29年度品質管理監査合格工場
    • 品質管理監査合格工場

      有効期間 平成30年4月~平成31年3月

      支 部 名   社     名  工  場  名
      南加賀ユー・アイ生コン㈱
      新生生コンクリート㈱
      梯デンカ生コンクリート㈱
      ㈱アサヒ物産
      加能菱光コンクリート㈱
      北陸白山コンクリート㈱
      総合生コン㈱黒瀬工場
      アップルコンクリート㈱
      金沢手取川生コン㈱
      石川生コンクリート㈱
      高田産業㈱港生コン工場
      日本海生コン㈱本社工場
      金沢生コンクリート㈱
      金沢デンカ生コン㈱
      森本生コンクリート㈱
      北陸セメント販売㈱津幡生コン工場
      ㈱紺谷工務店
      新協生コン㈱
      兼六レミコン㈱
      ㈲八田物産生コンクリート工場
      手取川石産㈱アップルコンクリート
      北国生コン㈱
      羽咋・鹿島石田生コンクリート㈱
      志賀生コンクリート工業㈱志賀工場
      勝二建設㈱生コン工場
      羽咋生コンクリート工業㈱
      中央生コン㈱
      七尾七尾生コン㈱
      ㈱白馬生コンクリート
      能登宮下運輸㈱生コン部
      昭和生コンクリート㈱
      須美矢物産㈱
      鈴平建設㈱生コン事業部
      ㈱白馬生コンクリート鳳柳工場
      合同生コン㈱
      スズ生コン共販㈱
      ㈱新出組生コン部
      輪島生コンクリート㈱
      白山㈱山本産業
      鶴来建設工業(協)建協生コン工場
      山﨑商事㈱生コンクリート工場